はじめに

東邦大学の創立者である額田豊・額田晉兄弟は、正しい自然観、生命観をもとに、心ある医療人、科学者を育成する場を目指して東邦大学を設立しました。創立者の思いは、額田晉の著書「自然・生命・人間」の中で描かれ、今も東邦大学の建学の精神として大切に受け継がれています。私たちは、建学の精神をはじめ、東邦の原点をとらえ直し、継承、さらに発展させ、未来に向けてより魅力的な東邦のあり方をつくりだすプロジェクトに取り組んでいます。当サイトでは、これまで、そしてこれから取り組みについて、紹介しています。